株主優待をお得にもらう方法

株式投資の魅力の一つに株主優待制度があります。
株主優待制度は、すべての企業が行なうわけではなく、サービスや小売、金融、食品関連などの企業に多く見られ、自社が販売する商品のサービス券や無料券などの配布や株主のみに与えられるイベネフィットなど株主による還元策として行なわれます。
株主還元策の一環として配当金支払いがありますが、配当金は企業が営業で出した利益に応じてパーセンテージが決まり、持ち株割合に応じて株主に還元されます。
上場企業は4半期ごとに決算報告を行ない、利益が出れば配当支払いをする義務があります。
一方、株主優待は、必ずしも行う義務が無く、優待制度を行なっていない企業も多くあります。
サービスや小売、食品関連といった企業は、集客後の購入やサービス利用によって利益を上げています。
優待券使用であってもサービス利用で企業に利益が出ることは多いです。
ただ、一般消費者よりも多少お値打ちな理由が出来るということでしょう。
外食チェーンで、例えば丼物を販売する企業は、丼物並盛300円として、10食分無料券を配布することがあります。
優待券使用で食事をする人で、それのみを使用し、現金での追加が無いという人は優待券使用者の60%程度で、原価率が40%未満と考えると、企業としてそれほどの負担ではなく、逆に株主を囲い込むことに成功しています。
株主になると、持ち株企業に愛社精神が高まり、その企業の取り扱い製品やサービスを意識的に購入する傾向が見られます。
株主優待をお得にもらう方法とは、サービス券のみを利用し、追加支払いしないか、出来るだけ少なくすることが良いでしょう。
しかも、長期でこれを受けなければ、あまり意味がないので、優良企業の安定株で株主還元策として優待制度を整えている企業に投資をしましょう。
■株で儲けるには
株 成功
■始めるなら知っておいた方がいい
優待利回りとは
■優良投資顧問を見つけて安心の投資を
投資顧問 ランキング