動物用医療器のLED技術の関連と株主優待の関係

日本ではペットを飼っている家庭が増えており、これに伴い獣医師の数も増える傾向にあります。しかし動物は人間のように言葉を話せないばかりでなく、痛みを強く訴えない部分があるため病気の発見が遅れる傾向にあるため、早期に病気を発見できる動物用医療器の開発が急がれている現実があります。
その開発の追い風となるのがLED開発の技術です。動物は光に敏感なため従来の赤色LEDや黄色LEDでは過剰に反応してしまい治療が進まない点がありましたが青色には比較的鈍感なため、青色LEDを用いた動物用医療器は動物にストレスを与えずに治療できるとして注目されているものです。
このような医療機器メーカーの多くは株主優待を設けているところはほとんどありません。その理由は、動物用医療器の開発や安価な価格の実現にその資金を注力したいとする傾向があり、株主も企業の意思に共感し、敢えて株主優待を求めないことが多いからです。その為、一般の企業と異なり、株主優待がなくても動物医療の進展に貢献できるという明確な意志を持って投資を行っている株主が多いからです。
青色LEDについては従来から実現が困難な色と言われていましたが、さまざまな長年にわたる研究の末、実現された非常に高度な製造技術です。その為、現在もその単価が高く、動物用医療器に使用するとかなりの高額なものになってしまうことが予測されるため、なかなか安定した医療機器となっていないのが実態です。
LED技術が進化し、動物にストレスを与えずに早期に病気を発見できるようになることはペットを飼っている人の共通の願いであり、これを実現するための投資で有れば、その動物用医療器の完成が株主にとっては大きな喜びです。そのため、このような投資家は敢えて株主優待を望まないという人が多いのです。